• サービス概要

    3D GEOKOSMOSは、レーザースキャナーを用いた計測、また点群データ後処理(フィルタリング、3Dモデリングなど)のアウトソーシング・サービスを提供する専門会社です。 大規模な空中計測から、地上の施設・建造物の計測、各種センサーを併用した精密スキャニング、更に図面・CADデータなど既存資料からの3Dモデル作成に至るまで、総合的な3次元計測と3Dデータ構築のサービスをお届けいたします。

  • 3D計測サービス

    空中からの広範囲な地形計測から、プラント、工場、橋梁、道路、ビル、劇場、公園など地上の施設・建造物、また危険施設や鉄塔・電線など高所の設備計測に至るまで、レーザースキャナーを用いてあらゆる物体の3次元計測を行います。 ご予算・要求精度・利用目的・最終成果品の形態などから、計測対象に応じた最適な機材と計測手法で、お客様に最良の成果をご提供いたします。

  • 3Dコンテンツ作成

    お手持ちの点群(ポイントクラウド)データ、2次元図面・資料からの3Dモデル作成など、データの後処理でお困りではありませんか? 2次元図面・資料から3Dモデルデータを作成、また点群データの解析処理(フィルタリング、数値測定など)から3Dモデリング、2次元図面の作成に至るまで、国内初のアウトソーシングサービスとして、3D GEOKOSMOS設立からの主要サービスで、多彩な3Dコンテンツの作成を完全バックアップいたします。

  • 国外サービス

    3D GEOKOSMOSでは豊富な国際ビジネスの経験と、国外サービスプロバイダーとのネットワークを活かし、日本企業様の海外プロジェクト向けに、カーナビ・ゲーム・映画・観光などのソフト分野から、地形、石油・ガス基地、発電所、プラント、道路、建築物などのエンジニアリング分野まで、現地での関係機関との折衝から、各種計測・データ作成に至るまで、幅広いサービスを提供しております。

  • コンサルティング

    3D GEOKOSMOSでは点群データのエキスパートとして、多岐にわたる分野・業種のノウハウとアイディアを提供しながら、レーザースキャナーを活用した効果的な営業方法から、現場での計測・活用方法、データ後処理のトレーニングに至るまで、お客様のご要望に応じてコンサルティング・サービスを提供いたします。 レーザー計測と点群データ処理のことなら3D GEOKOSMOSにご相談ください。

  • ハードウェア

    3D GEOKOSMOSでは豊富な国際ビジネスのネットワークを活かし、レーザースキャニングや3Dコンテンツの作成に関連した「新しい付加価値」を創造する、各種ハードウェア製品の販売を行っています。 これまで蓄積した3Dビジネスでの実務ノウハウを組み合わせ、お客様のニーズにマッチした最適なソリューションを、コンサルテーションや導入支援サービスとともにご提供いたします。

  • ソフトウェア

    レーザースキャナーを用いた、世界最先端の点群データ処理ソフトウェアをお届けします。
    大量点群データの処理に適したソフトウェア、またエンドユーザー様がお使い頂くソフトウェア無くして、レーザー計測マーケットの活性化は望めません。 3D GEOKOSMOSでは、ポイントクラウドデータ専門の多彩な3Dソフトウェアベンダーと戦略的な業務提携を進め、更なる市場の拡大・活性化に向けて、点群データ処理にこだわったソフトウェア製品のリリースを行って参ります。

    • RhinoTerrain

      RhinoTerrain

      3DモデリングソフトRhinocerosに、3D GISデータ・等高線・GPS、更に点群データからTINメッシュ、など高線を生成、オルソ写真合成など、多彩な機能を提供する、地形モデリング専用のプラグインです。

    • RhinoCity

      RhinoCity

      RhinoCityは、RhinoTerrainで作成された3D地形モデルと連携して、地上に存在する建物・構造物をモデリングし、CityGML形式の属性情報と共に3D GIS用の建物・構造物フューチャーを作成するプラグインです。

  • RhinoTerrain

    RhinoTerrainは、3Dモデラーとして幅広いユーザーに利用されている Rhinocerosの強力なグラフィック機能を使用して、早く・美しい3D地形モデルを作成するためのプラグインソフトウェアです。

    RhinoTerrainをプラグインすることで、各種DEMデータ・3D GISデータ・等高線・GPS観測データ、更にレーザースキャナーで計測した点群データなど、多様なリソースからTINメッシュを生成し、等高線を自動生成、体積計算、空中オルソ写真との合成など、多彩な分析・ビジュアライズ機能を提供します。

    多様なデータソースから地形モデルを作成

    RhinoTerrainは、Topcon, FARO, Leica、及びLas, Ascii形式の点群データ、更にGPS・TSによる座標点、各種DEMデータ、2D/3Dなど高線、3D GISデータなど、多様なデータソースに対応しています。

    製品の特長1
    高速なTINメッシュ生成

    制約付きドローネ三角分割法を用いた高速のTINメッシュ作成機能は、ソースデータから数ステップの簡単操作で、最高200万/毎秒のTINメッシュを処理することができます。

    製品の特長2
    平面直角座標系に対応した座標システム

    平面直角座標系を含む、多様な座標系システムが定義されており、ユーザー独自の座標系を設定することも可能で、使途に応じて異なる座標系への変換処理も簡単に行えます。

    製品の特長3
    充実した点群・TINの編集機能

    ベースシステムとなるRhinocerosのメッシュ編集機能と併せ、RhinoTerrainが提供する点群・TINメッシュの編集機能で、3D地形モデルの生産性を飛躍的に高めることができます。

    製品の特長4
    高品質なテクスチャー機能

    TINメッシュモデルには、GIS用ワールドファイルを定義することで、Tiff, Jpeg形式の空中写真データを自動スケーリングして、地形メッシュにテクスチャーマッピングを施すことが可能です。

    製品の特長5
    3Dプリンター用モデルの作成

    生成した地形TINメッシュに土台を付加、空洞部の生成、肉厚の設定など、3Dプリンターで出力可能な、地形ジオラマ用のモデルデータ生成を補助する機能が備わっています。

    製品の特長6
    処理対象に応じたメッシュ生成機能

    地形TINメッシュの生成には、重力方向への制約を設けて三角網を組成しますが、これを構造物などに適用しても適切な処理結果は得られません。RhinoTerrainでは点の方向性、即ち法線をユーザーが設定できる機能を備え、使途に応じて選択することが可能です。

    製品の特長7
    3D地形モデルの利活用

    RhinoTerrainでは、など高線、電波・日照などの可視域解析、設計データの線形に基づいて断面形状を抽出、TINメッシュから整列点群を再生成など、作成した3D地形モデルから情報を抽出・分析・加工して、多様なビジュアル派生データを構築することが可能です。

    製品の特長8

    RhinoTerrainの仕様概要

    大容量点群データのサポート
    大規模なデータセットを取り扱い可能(64bit版)
    複数の点群データセットを取り扱い可能
    高機能のグラフィックス
    高性能な表示を実現するためのマルチスレッド化
    高品位のシェーディング、レンダリング処理
    高速でストレスのない図形描画機能
    点群データの相互運用
    多様なスキャナーの点群データをサポート: Leica(PTS/PTG), Topcon(CL3), Faro(FLS/FWS)
    多様な点群データ形式をサポート: LAS, Ascii XYZ/TXT/CSV/ASC
    多様なDEMデータ形式をサポート: XML(JPGIS 基盤地図情報 10m DEM), MEM(国土地理院50m DEM), TIF(Geo Tiff Elevation), HGT(SRTM), DEM(USGS DEM), ASC(ArcInfo Ascii), etc...
    Google EarthからのDEM&テクスチャー取込み
    図形データの相互運用
    Rhinocerosで取込み可能な各種データをサポート
    SHP(ESRI Arc View)データの取込みをサポート
    アプリケーションの連携
    Rhinocerosで出力可能な各種データで相互連携
    3Dプリンター用モデルの生成機能で連携
    モデルシェーダー
    RGB、及び輝度を用いた点群のシェーディング
    標高値で点群を段彩シェーディング
    TINメッシュにファイル定義の段彩シェーディング
    地理空間サポート
    平面直角座標系(19系)を標準サポート
    各種の主要座標系システムを標準装備
    ユーザー定義の任意座標系を設定することが可能
    座標系システム管理ツールで、座標変換処理が可能
    点群データ処理
    多様な点群データの選択、編集機能を装備
    点群データから任意箇所の断面形状を抽出・表示
    点群データの自動間引き処理機能を装備
    対象形状に応じた法線ベクトルの計算・設定が可能
    点群に空中写真のテクスチャーマッピングが可能
    TINメッシュデータ処理
    多様なデータソース(点群・など高線など)から生成可能
    最高200万/毎秒の処理でTINメッシュを生成
    対象形状に応じたTINメッシュの計算が可能
    TINメッシュ生成時にブレークラインの設定が可能
    多様なTINメッシュの選択、編集機能を装備
    TINメッシュの間引き、スムージング機能を装備
    TINメッシュ分析
    標高・勾配に応じた段彩表示を設定可能
    地形モデルから3Dなど高線を瞬時に生成
    日照・電波などの影響調査に有効な可視域解析
    地形モデルから任意間隔の点群データを逆生成
    地形モデルから面積、表面積、体積などの算出が可能
    2つの地形モデル間で、切土・盛土の体積算出
    切土・盛土部の隣接境界をエリアデータとして算出
    他CADからの計画線形から断面形状を算出
    任意の間隔、横断距離から縦・横断面形状を算出
    テクスチャー処理
    空中写真データをテクスチャーとして利用可能
    Tiff, Jpeg形式の画像をワールドファイルで設定
    多様なテクスチャーの管理、編集機能を装備
トップへ戻る