• サービス概要

    3D GEOKOSMOSは、レーザースキャナーを用いた計測、また点群データ後処理(フィルタリング、3Dモデリングなど)のアウトソーシング・サービスを提供する専門会社です。 大規模な空中計測から、地上の施設・建造物の計測、各種センサーを併用した精密スキャニング、更に図面・CADデータなど既存資料からの3Dモデル作成に至るまで、総合的な3次元計測と3Dデータ構築のサービスをお届けいたします。

  • 3D計測サービス

    空中からの広範囲な地形計測から、プラント、工場、橋梁、道路、ビル、劇場、公園など地上の施設・建造物、また危険施設や鉄塔・電線など高所の設備計測に至るまで、レーザースキャナーを用いてあらゆる物体の3次元計測を行います。 ご予算・要求精度・利用目的・最終成果品の形態などから、計測対象に応じた最適な機材と計測手法で、お客様に最良の成果をご提供いたします。

  • 3Dコンテンツ作成

    お手持ちの点群(ポイントクラウド)データ、2次元図面・資料からの3Dモデル作成など、データの後処理でお困りではありませんか? 2次元図面・資料から3Dモデルデータを作成、また点群データの解析処理(フィルタリング、数値測定など)から3Dモデリング、2次元図面の作成に至るまで、国内初のアウトソーシングサービスとして、3D GEOKOSMOS設立からの主要サービスで、多彩な3Dコンテンツの作成を完全バックアップいたします。

  • 国外サービス

    3D GEOKOSMOSでは豊富な国際ビジネスの経験と、国外サービスプロバイダーとのネットワークを活かし、日本企業様の海外プロジェクト向けに、カーナビ・ゲーム・映画・観光などのソフト分野から、地形、石油・ガス基地、発電所、プラント、道路、建築物などのエンジニアリング分野まで、現地での関係機関との折衝から、各種計測・データ作成に至るまで、幅広いサービスを提供しております。

  • コンサルティング

    3D GEOKOSMOSでは点群データのエキスパートとして、多岐にわたる分野・業種のノウハウとアイディアを提供しながら、レーザースキャナーを活用した効果的な営業方法から、現場での計測・活用方法、データ後処理のトレーニングに至るまで、お客様のご要望に応じてコンサルティング・サービスを提供いたします。 レーザー計測と点群データ処理のことなら3D GEOKOSMOSにご相談ください。

  • ハードウェア

    3D GEOKOSMOSでは豊富な国際ビジネスのネットワークを活かし、レーザースキャニングや3Dコンテンツの作成に関連した「新しい付加価値」を創造する、各種ハードウェア製品の販売を行っています。 これまで蓄積した3Dビジネスでの実務ノウハウを組み合わせ、お客様のニーズにマッチした最適なソリューションを、コンサルテーションや導入支援サービスとともにご提供いたします。

  • ソフトウェア

    レーザースキャナーを用いた、世界最先端の点群データ処理ソフトウェアをお届けします。
    大量点群データの処理に適したソフトウェア、またエンドユーザー様がお使い頂くソフトウェア無くして、レーザー計測マーケットの活性化は望めません。 3D GEOKOSMOSでは、ポイントクラウドデータ専門の多彩な3Dソフトウェアベンダーと戦略的な業務提携を進め、更なる市場の拡大・活性化に向けて、点群データ処理にこだわったソフトウェア製品のリリースを行って参ります。

    • EdgeWise Building

      EdgeWise Building

      革新的な建造物3Dモデルの作成プロセスを提供します。点群データから明瞭なベクトルを自動的に抽出し、CADアプリケーションで編纂可能な、面形状の3Dオブジェクトを生成します。

    • EdgeWise MEP

      EdgeWise MEP

      配管設備のパイプモデル作成を劇的に効率化します。点群データから明瞭なパイプ形状を自動的に抽出し、CADアプリケーションで編纂可能なパイプ形状、中心線、属性情報などの3Dオブジェクトを生成します。

    • EdgeWise Structure

      EdgeWise Structure

      EdgeWise Structureは、対話型の選択ツールを用いて、点群データから半自動処理で各種形状の鋼材・柱・ダクト設備の3Dオブジェクトを生成する最新のモデリングツールです。

  • EdgeWise MEP

    拡大表示

    EdgeWise MEPは、ビル・工場・プラントの施設をターゲットに、点群データから配管のみを自動生成し、連動するAutodesk Revitにデータを転送する機能を備えた処理ツールで、複雑な配管が入り混じったBIMモデリング作業に費やされる、時間とコストを劇的に削減することが可能です。

    STEP 1: 点群データのインポート

    EdgeWise MEPでは、FLS, PTX, ZFSデータのような、スキャニングポジションの位置情報が収録されたデータを利用します。パイプ形状抽出に必要なパラメータを設定して、最大1,000スキャン分のデータを一括処理でインポートすることが可能です。

    製品の特長1
    STEP 2: パイプ形状の自動抽出

    インポートされた点群データから一定の点密度、間隔、曲率などを検査して、識別されたシリンダー状の点群データで曲率が一定の連続した点群の単位で、その表面形状を自動的にトレースしてパイプ形状と中心線から構成される3Dオブジェクトを自動生成します。

    製品の特長2
    STEP 3: 生成されたパイプの検査

    自動生成されたパイプ・オブジェクトは、管径・長さ・変換精度などの情報とともに、生成元となった点群データと連動しており、これらを一元管理するQA Toolを用いて、パイプの断面と点群をオーバーラップ表示して、その形状について検査・修正を行います。

    製品の特長3
    STEP 4: パイプの編集

    対話操作で点群からパイプの手動生成や、間断されたパイプの連結、延長・短縮、任意角度のエルボー挿入、またライブラリに定義された、各種規格サイズの管径にフィッティングさせるなど、多彩なパイプ編集機能で調整を行います。

    製品の特長4
    STEP 5: オブジェクトに属性情報の付与

    作成されたパイプオブジェクトには、管径・延長などの基本情報とともに、SmartSheet機能を用いてエクスポート先で利用可能なレイヤやグループの情報、また系統、規格などのユーザーが独自に定義した属性情報を付与することが可能です。

    製品の特長5
    STEP 6: 生成オブジェクトのエクスポート

    生成した各種オブジェクトの形状・中心線は、DXF形式のファイル出力で汎用CADツールの3Dオブジェクトとして利用、またAutodesk Revitと連携して管径・延長・ユーザー定義情報などの属性を保持したままファミリとして利用することが可能です。

    製品の特長6
トップへ戻る