• サービス概要

    3D GEOKOSMOSは、レーザースキャナーを用いた計測、また点群データ後処理(フィルタリング、3Dモデリングなど)のアウトソーシング・サービスを提供する専門会社です。 大規模な空中計測から、地上の施設・建造物の計測、各種センサーを併用した精密スキャニング、更に図面・CADデータなど既存資料からの3Dモデル作成に至るまで、総合的な3次元計測と3Dデータ構築のサービスをお届けいたします。

  • 3D計測サービス

    空中からの広範囲な地形計測から、プラント、工場、橋梁、道路、ビル、劇場、公園など地上の施設・建造物、また危険施設や鉄塔・電線など高所の設備計測に至るまで、レーザースキャナーを用いてあらゆる物体の3次元計測を行います。 ご予算・要求精度・利用目的・最終成果品の形態などから、計測対象に応じた最適な機材と計測手法で、お客様に最良の成果をご提供いたします。

  • 3Dコンテンツ作成

    お手持ちの点群(ポイントクラウド)データ、2次元図面・資料からの3Dモデル作成など、データの後処理でお困りではありませんか? 2次元図面・資料から3Dモデルデータを作成、また点群データの解析処理(フィルタリング、数値測定など)から3Dモデリング、2次元図面の作成に至るまで、国内初のアウトソーシングサービスとして、3D GEOKOSMOS設立からの主要サービスで、多彩な3Dコンテンツの作成を完全バックアップいたします。

  • 国外サービス

    3D GEOKOSMOSでは豊富な国際ビジネスの経験と、国外サービスプロバイダーとのネットワークを活かし、日本企業様の海外プロジェクト向けに、カーナビ・ゲーム・映画・観光などのソフト分野から、地形、石油・ガス基地、発電所、プラント、道路、建築物などのエンジニアリング分野まで、現地での関係機関との折衝から、各種計測・データ作成に至るまで、幅広いサービスを提供しております。

  • コンサルティング

    3D GEOKOSMOSでは点群データのエキスパートとして、多岐にわたる分野・業種のノウハウとアイディアを提供しながら、レーザースキャナーを活用した効果的な営業方法から、現場での計測・活用方法、データ後処理のトレーニングに至るまで、お客様のご要望に応じてコンサルティング・サービスを提供いたします。 レーザー計測と点群データ処理のことなら3D GEOKOSMOSにご相談ください。

  • ハードウェア

    3D GEOKOSMOSでは豊富な国際ビジネスのネットワークを活かし、レーザースキャニングや3Dコンテンツの作成に関連した「新しい付加価値」を創造する、各種ハードウェア製品の販売を行っています。 これまで蓄積した3Dビジネスでの実務ノウハウを組み合わせ、お客様のニーズにマッチした最適なソリューションを、コンサルテーションや導入支援サービスとともにご提供いたします。

  • ソフトウェア

    レーザースキャナーを用いた、世界最先端の点群データ処理ソフトウェアをお届けします。
    大量点群データの処理に適したソフトウェア、またエンドユーザー様がお使い頂くソフトウェア無くして、レーザー計測マーケットの活性化は望めません。 3D GEOKOSMOSでは、ポイントクラウドデータ専門の多彩な3Dソフトウェアベンダーと戦略的な業務提携を進め、更なる市場の拡大・活性化に向けて、点群データ処理にこだわったソフトウェア製品のリリースを行って参ります。

    • Arena4D Point Server

      Arena4D Point Server

      Arena4D Point Serverは、スキャナーの進化に伴って肥大化する大量の点群データを、各種Arena4Dプロダクトで共有するためのデータストレージシステムを簡単に構築することが可能です。

    • Arena4D Data Studio

      Arena4D Data Studio

      大量点群データのレジストレーション・管理・編集、ビジュアル化、アニメーションムービー作成、各種2D/3Dモデルの合成表示など、幅広い業務分野でご利用いただける最新鋭の総合ツールです。

    • Arena4D for Rhino

      Arena4D for Rhino

      Rhinoceros用の点群データモデリングツールとして注目を浴びる、世界最新鋭のプラグイソフトです。 Rhinocerosの強力なモデリング機能を用いて、点群データから2D図面/3Dモデルを作成できます。

    • Arena4D Web

      Arena4D Web

      ブラウザー、タブレット、スマホ上で点群データ表示が可能な無償システム "PoTree" がArena4Dのデータをサポートしました! Arena4D Point Serverと連携して、Web点群表示システムを公開可能です。

  • Arena4D for Rhino

    拡大表示

    Arena4D for Rhinoは、Windows版 Rhinoceros に対応したプラグインツールとして、大容量の点群データを利活用するパワーと、2D/3Dモデリングに必要なあらゆる機能が満載された最新鋭の点群データのモデリングプロダクトです。

    反射強度・RGB値を用いたシェーディング機能で点群データをビジュアライズし、マルチビューポートの画面に点群データの任意箇所の断面形状を表示する画期的なスライス機能が備わっており、Rhinocerosの高度なモデリング機能を用いて、最小限の手間で2D図面や3Dモデルの作成可能にします。

    レーザースキャニングの先進地ヨーロッパでは、点群からの3DモデリングツールとしてRhinocerosと各種プラグインを用いた環境がデファクトスタンダードとして利用されており、Arena4D for Rhinoの強力な点群表示機能との組み合わせは、大容量の点群データからモデル化までのワークフローを単純化し、CADモデルの生産性を飛躍的に向上させる中核のツールとなります。

    マルチスレッド点群エンジン XStream Engine

    すべてのVeesus Arena4D製品は、標準的なPC上で数十億点のLAS, LAZ, PTS, ASCII, e57, Faro, Dot Product, Rieglのデータフォーマットに対応した XStream Engine を組み込んでいます。 マルチスレッド、高密度、間引き処理無しでの点群ストリーミングから、Rhinocerosのビューポート上に数十億の点群をリアルタイムで表示し、最大のグラフィックパフォーマンスを実現します。

    製品の特長1
    マルチビューポートインターフェース

    単一の投影画面だけでは困難であった、点群データのモデリング手法に新風を吹き込みます。 各ビューポートに表示される点群データは、投射投影に加え、上面・正面・側面の複数方向から正射投影されており、スライス(断面化)機能を用いて、3Dモデリング、また2次元の平面・断面図を簡単に作成することができます。

    製品の特長2(小)
    強力なシェーディング機能

    Arena4D Data Studioと同様に、点群データに含まれるRGB・反射強度に基づいて、コントラストや明るさを調整、また標高・奥行きなどの距離レンジに応じた段彩表示、更に点群データレベルでの疑似モデル化表示機能など、モデリング作業に応じた多彩なシェーディング機能を備えており、点群データのシェープを際立たせる細やかな表示制御を行うことが可能です。

    製品の特長3(小)
    点群データ処理の要、それは断面形状

    点群データのモデリング作業は、特別なものではありません。一般的なCGや3Dモデルの作成と同様に、押出し、回転、スイープ、ロフトといった、3Dの基本的な機能を用いて行われ、特別な技法は必要ではありません。 これらの機能に共通する必須要素、即ち3Dモデリングの要はモデル化対象物の "断面形状" にあります。 通常の3Dモデリング作業では、設計図等から寸法をおって断面形状を作成し、その形状をベースに3Dオブジェクトに変化させますが、点群データからのリバースエンジニアリングでは、「点群データから断面形状を取得」する術が必要となります。

    製品の特長4(小)
    点群データのスライス機能

    Arena4D for Rhinoは、大量の点群データから任意エリアの断面形状を簡単に参照するための、スライスという画期的な機能を備えています。 スライスはマルチビューポートの画面毎に表示されるスライダーを移動することにより、断面形状を見たい対象物の点群データを指定の厚さでリアルタイムに抽出して正射投影化、さらにUCSの同期機能を提供する画期的な機能です。 これにより断面化された断面、基準線、方向など点群データの輪郭をトレースすることで、その形状は3D空間にマッピングされますので、2次元図面の感覚で3Dモデリングに求められるオブジェクト要素を的確に捉えることができ、直感的な3Dモデリング作業を可能とします。

    製品の特長5(小)
    点群データのコラボレーションワーク

    Arena4D for Rhinoが表示する点群は、Veesus XStream Engineによって制御・描画されており、Rhinoceros標準のデータオブジェクトではないため、Rhinocerosのコマンド機能で取り扱うことはできません。 しかしArena4D for Rhinoでは、指定範囲の点群をRhinoceros標準の点群データオブジェクトに変換する機能を備えており、例えば指定した範囲の点群を他のプラグインツールでメッシュ化処理させたり、外部ファイルとしてエクスポートして他の処理ツールで加工するなど、点群データと各種ツールのコラボレーションワークが可能となっています。

    製品の特長6(小)
    カスタマイズ機能

    ベースシステムであるRhinocerosには、各種のカスタマイズ環境(C++用SDK、 VBA、Pyson等)が標準装備されています。 Arena4D for Rhinoが提供する点群データの各種処理機能は、これらのプログラミングオブジェクトとして利用することが可能で、断面形状の入力補助機能、3Dオブジェクト自動生成、また点群データ転送機能や、他プラグインツールとの連携など、各種業務目的に特化した専用機能を組み合わせることで、最小の投資で無限の可能性を秘めたユーザー独自の点群データ処理システムを構築することが可能です。

    製品の特長7(小)
トップへ戻る